​WITH PEER 最新情報

2022年5月24日

車いすバスケットボールパラリンピアンの神保康広さんが帰国されました!

S__293838850.jpg

2022年5月24日、4月末から約1ヶ月間、私たちの活動に共感し、日本から応援に駆けつけてくださった、車いすバスケットボールパラリンピアンの神保康広さんが、ダカールの空港を出発し、日本に帰国されました。連日の猛暑と炎天下、そしてなにより車いすでの移動が非常に困難な砂道の多いセネガルで、アクセシビリティ調査、車いすバスケットボールチームへの参加、障害者センター訪問、ボッチャへの参加、職業訓練校での学生との交流、大使館やJICA事務所への表敬など目まぐるしい過密日程を無事に終えました。活動中、神保さんからは当事者としての目線から私たちの活動に数々のアドバイスをくださり、今後はそのアドバイスを生かして活動を継続していきます!

2022年5月22日

【開催報告】【現地から生中継】突撃アフリカシリーズ~第二弾~ 「車いすバスケットボール選手元日本代表の神保さんと行くセネガル」現地活動編

281178275_404391528218173_379997037633403824_n.png

2022年5月21日、日本時間19時〜20時30分​、上記オンラインイベントを開催いたしました。当日は30名以上にご参加いただきました。現地、セネガルからは神保さんが車いすで街中巡る様子を生中継でお送りするとともに、滞在中の経験を写真や動画を交えながら語ってくださいました。次回は6月25日に最終回となる帰国報告編をお送りする予定です。当HPでもアナウンス予定ですので、今回見逃した方もぜひご参加ください。

2022年5月20日

在セネガル日本大使館の伊澤大使に夕食会の招待をいただき、活動報告しました。

IMG_5052.JPG

本日、大変光栄なことに、在セネガル日本大使館の伊澤大使から夕食会のお招きをいただき、共同代表の松尾と神保さんが大使公邸にて活動報告をさせていただきました。私たちの活動やセネガルの障害者の置かれた状況について、大使は大変熱心に耳を傾けてくださり、私たちに様々なご提案をくださいました。セネガルの障害者スポーツの普及に向けて、大使館の皆様のお力をお借りしながら、今後も邁進していきたいと思います。

2022年5月20日

JICAセネガル事務所に表敬訪問しました!

S__291856389_edited.jpg

本日、独立行政法人 国際協力機構(JICA)様のセネガル事務所に車いすバスケットボールパラリンピアンの神保さんと共同代表の松尾が表敬訪問いたしました。森下所長、城後次長、吉水次長、澤野企画調査員の皆様に2月からの活動についてご報告するとともに、神保さんから障害当事者の一人として、セネガルの障害者とスポーツを取り巻く環境、さらには社会参加という観点からご報告し、意見交換をさせてもらいました。JICAの皆様からは大変勇気づけられるコメントやご提案をいただき、今後の活動に活かしていきたいと考えています。

2022年4月28日

神保康広さん(車いすバスケットボール元日本代表)がセネガルに到着されました!

セネガル時間の4月28日夜、4大会連続でパラリンピック車いすバスケットボールの元日本代表として活躍された神保さんが、ついにセネガルに到着しました。成田→ドーハ→マドリッド→ダカールという長旅を経て、これから活動するティースのホテルに無事チェックインすることができました。ホテルには車いす用の部屋(アクセシブルルーム)がありますが、入り口のスロープは急な作りだったため、セネガル人の警備員と運転手に押してもらいました。

本格的な活動はラマダン明けの5月4日以降になりますが、5月21日にはzoomで神保さんと繋いでオンラインイベントを企画しています。みなさんお楽しみに。

2022年4月22日

神保康広さん(車いすバスケットボール元日本代表)と共にセネガルで一緒に活動します!

ジンバブエで現地の車いすの少年たちと車いすバスケをプレーし、一緒に記念写真する神保さん

皆さん、車いすバスケットボールという競技をご存知ですか?2021年の東京パラリンピックで知った方もいるかもしれませんが、パラスポーツを代表する競技の一つ。その競技でアテネから北京まで四大会連続で日本代表をされた神保康広さんになんとセネガルにお越しいただけることになりました!
神保さんも2006年から約1年弱、青年海外協力隊(短期派遣)としてマレーシアで活動された経験があります。またその後は車いす製造メーカーで長年勤められ、同社ではこれまで手掛けられていなかったバスケ車の開発に携わり、なんと東京パラリンピックではイギリスチームの競技用車いすのオフィシャルサプライヤーにまで発展させた方です。
神保さんは途上国における障害者の自立や社会参加に強い関心を寄せており、私たちの計画をずっと応援してくださっていました。今回はセネガルでのコロナも落ち着き、念願かなってお越しいただけることになりました。
セネガルの障害の現状を当事者の視点からみていただき、現地の人々との対話の中で何が必要なのか、何ができるのか、一緒に考えていきたいと思います。
神保さんのHPで毎日ブログを更新していますので、ぜひご覧ください。

2022年4月13日

【オンラインイベント】こんなところに協力隊(オリパラ編)のご案内(4月23日土曜日18時〜19時30分)

スクリーンショット 2022-04-13 午後1.00.12.png

この度、JICA海外協力隊の元隊員として2021年に開催された東京オリンピック、パラリンピック競技大会に携わった一人として、共同代表がオンラインイベント「こんなところに協力隊(オリパラ編)」出演します。松尾とブラインドサッカーとの出会い、日本ブラインドサッカー協会の職員としてパラリンピックに携わった経験を語ります。ぜひ以下のリンクからお申し込みください。

2022年4月6日

開発と平和のためのスポーツ国際デーに寄せて

IMG_4574.JPG

4月6日は国連が定めた「開発と平和のためのスポーツ国際デー(International Day of Sport for Development and Peace / Journée internationale du sport au service du développement et de la paix)」であり、また私たちの団体設立日2周年でもあります。

開発の目的が、人々の可能性(Freedom/Capability)の拡大であるならスポーツもまたその内のひとつ。同時に、スポーツはそれ自体が目的というよりもそれを通じて何かを得るための手段です。スポーツ(身体活動を含む)は誰にとってもかけがえのない「良き生」を構成する一つであり、さまざまな役割や経験を積みながら自己実現していく重要な社会的活動のひとつ。もしそれが、年齢、性別、信条、門地、障害の有無によって差別されるような状況があるとすれば、誰もがスポーツにアクセスできるよう社会を公正なものに近づけていく行為そのものが開発というプロセスなんだろうと思っています。

実際、スポーツをしている障害者に話を聞くと、スポーツを通して自信を得たり、交友関係が広がったりと、みな口を揃えてスポーツがその人の生活にとって重要な一部であると話してくれます。私たちはそういう人を増やしたい。それが当たり前の社会にしたいと思い活動してます。


この国際デーに際して、セネガルでスポーツを通じた障害者のエンパワメントと社会参加を促進することに寄与することを目的に活動する団体として、自分たちの活動について振り返る機会としつつ、これからも活動に邁進してきます。

2022年3月30日

【開催報告】【現地から生中継】突撃アフリカシリーズ~第二弾~ 「車いすバスケットボール選手元日本代表の神保さんと行くセネガル」出発準備編が3月26日にオンラインで開催され、多くの方にご参加いただきました。次回は5月中旬に、神保さんご本人がセネガルから現地の様子をお伝えします。

参加者の画面キャプチャー.jpg

共同代表の松尾が現地から、そして車いすバスケットボールのパラリンピアンの神保さんを特別ゲストにお迎えして開催された本イベントは、三十人を超えるオンライン参加者に楽しんでいただくことができました。現地の市場の様子、街の様子などの賑わいが伝わってきて楽しかったと大変好評をいただきました。
次回開催もご期待ください。

2022年3月21日

​活動紹介ページにギャラリーを追加しました。

S__261226511.jpg

ギャラリーを追加しました。現地の写真や動画を随時アップロードしますので、ぜひご覧ください。

2022年3月7日

オンラインイベントに出演します。(3月26日19時〜)

【現地から生中継】突撃アフリカシリーズ~第二弾~ 「車いすバスケットボール選手元日本代表の神保さんと行くセネガル」出発準備編

イベントフライヤー

(一社)Bokk Jambaarと(一社)A-GOALプロジェクトのコラボ企画である「突撃!アフリカ」シリーズ!に当団体の共同代表の松尾と、​4月末からセネガルにお越しいただき共に活動していただく神保氏(車いすバスケットボールパラリンピアン)が出演します。

2022年2月8日

セネガルでの活動開始

IMG_4253.JPG

共同代表の松尾がついに現地入り。本格的な活動に向け、車いすバスケ、ブラインドサッカー、ボッチャ の実施状況だけでなく、障害福祉施設や当事者がスポーツを人生の中でどのように価値づけているのかなど、丁寧にヒアリングしています。日々の活動は松尾のインスタにアップしていますのでフォローお願いします。

茨城県ユニセフ協会主催オンラインイベント「スポーツを通した国際協力 連続セミナー」第2弾

ロゴ通常.png

2021年7月4日

【パラアスリートと見てみよう!~アフリカとスポーツ~】『スーダン生まれの全盲のパラアスリート』と『アフリカ経験のある元車いすバスケット日本代表』と共に、アフリカとスポーツの可能性に迫ろう! を、WITH PEERが運営します。

WITH PEER主催オンラインイベント「セネガル大使館後援 オンラインチャリティ企画」

ロゴ通常.png

2021年6月20日

セネガルで教育支援を行うバオバブの会と共催し、セネガル料理(マフェ)を作りながら楽しむオンライン チャリティイベントを開催します。

Gueneu-ゲヌ-主催オンラインイベント「セネガル祭り」

ロゴ通常.png

2021年5月8日

​セネガルが大好きな人も初めての人も、セネガルを様々な角度から知ることのできるセネガル祭りに、共同代表/松尾が登壇します。

WITH PEER主催オンラインイベント「障害当事者によるスポーツを通じた国際協力 」

ロゴ通常.png

2020年12月12日

久野研二氏 (JICA 国際協力専門員:社会保障/障害)と神保康広 氏((元⻘年海外協力隊(短期派遣)、車いすバスケットボールパラリンピアン)をお呼びして、ス ポーツを通じた国際協力や障害当事者が開発の主体として参加することの意味について考えるイベントを開催します。